専門学校選びのポイント

大学・専門学校探しの大学サーチドットコム

専門学校選びのポイント

間違えない専門学校選び

専門学校って何? 〜認可校と無認可校の違い

「○○スクール」「△△カレッジ」……。専門学校だと思って入学したら、実は専門学校じゃなかった!と嘆く学生が後を絶ちません。
どうしてこんなことが起きるのでしょうか?それは、どうやら専門学校の「学校名」に問題があるようです。
この問題を解く鍵は、「学校教育法」という法律に隠されています。
普段あまり見かけることのない法律ですけれども、この法律こそが「間違えない専門学校選び」には欠かせません。
正規の専門学校と正規でない専門学校。
似ているようで大きく違い、あなたが興味を持っている専門学校は法律で保証された学校ですか?まずは、この法律を使って専門学校の定義を調べることから今回の「専門学校選びのポイント」をスタートすることにしましょう。  

専門学校と学校教育法

専門学校とはいったいどんな学校なのでしょうか?
多くの人は、専門学校のことを単に「ある特定の分野について専門的で実践的なことを勉強する学校」と思っているのではないでしょうか。
たとえば、ゲームのことを勉強するところならすべてゲーム専門学校、ビジネスのことを勉強するところはすべてビジネス専門学校と思っている人も多いようです。
専門学校が「ある特定の分野について専門的で実践的なことを勉強する学校」だという考えはあながち間違いではありませんが、正確ではありません。
先に述べたビジネス学校などの中には、法律的にはいわゆる塾やカルチャースクールと同じ扱いで、営利を目的とした企業になるところもあります。
一方、正規の専門学校は「学校教育法」に基づいた、教育を目的とした学校法人になります。
もう少し掘り下げてみましょう。
今度は、専門学校の学校教育法(学校教育に関するもっとも基本的な法律)上の位置を説明します。
そもそも「専門学校」とは、「専修学校」という大きなカテゴリの中の一つのグループを指します(そのほかのカテゴリは「大学」「高等学校」「中学校」「幼稚園」など)。
専修学校には、高等課程・一般課程・専門課程の三つの課程があります。
それらはそれぞれ「高等専修学校」、「専修学校一般課程」と呼ばれ、専門課程を行う専修学校のみが「専門学校」と名乗ることができるわけです。
逆に言えば、法律で認められた専門課程のない専修学校は、「専門学校」と名乗ることができません。
さて、ある団体が専門学校(専修学校専修課程)と名乗るには、次の3つの条件が要求されます。

1.修業年限(入学から卒業までの期間)が1年以上
2.1年間の授業時間数が800時間以上(夜間課程は年間450時間以上)
3.生徒数が40人以上

さらに、国立の学校であれば文部科学大臣が、公立であれば都道府県教育委員会が、私立であれば都道府県知事が設置の認可をすることによって、学校は初めて公に「専門学校」と名乗ることができるのです。
ただし、校名に専門学校と付けることは強制ではありません。
そして、これが多くの学生に大きな誤解を与えることになるのですが、これについては後で説明することにしましょう。

専門士の学位

大学の課程を修了すれば「学士」、短期大学や高等専門学校(いわゆる「高専」のことです。
専門学校」と名前に付いていますが、上で説明した専門学校とは全く別の種類の学校です)の課程を修了すると「準学士」が取得できるように、専門学校でも一定の条件を満たせば、「専門士」という学位を得ることができます。
その要件は次の三つです。

1.修業年限が2年以上
2.総授業時間数が1,700時間以上
3.試験などによる成績の評価を行い、課程の修了の認定を行っていること

専門士は準学士と同等に位置づけられており、就職や雇用の際には、ほとんどの企業で短大卒と同様に扱われます。
また、上記の規定を満たした専門学校の卒業生は、大学への編入も認められています。

認可校と無認可校に注意

ここは大変重要なポイントですので注意して読んでください。
先にも挙げましたけれど、専門学校と認められるには、文部科学大臣や都道府県知事などからの「認可」を受ける必要があります。
認可を受けた学校は、法律で保護されますので、さまざまな恩恵(一定の条件下での専門士の付与や転入学、日本育英会の奨学金の適用など)を受けることができます。
しかし、各行政機関に認められていない学校(ここでは「無認可校」と呼びます)の場合、そういう特典は一切ありません。
また、行政に認められていない学校ですから、学校として必要な施設がなかったり、管理が行き届いていない可能性もあります。
さらに、無認可校を卒業した場合、一般的にそれらは学歴として認められません。
入ってから、「しまった」とならないように注意してください。

学校名に「専門学校」とつかない専門学校もある

多くの大学や高校が「○○大学」や「△△高校」のような学校名になっているように、専門学校の名称もすべて「○○専門学校」となっていれば認可校と無認可校を区別することは簡単です。
しかし、前述したように、専門学校という呼称は任意であって、強制ではないため学校名に「専門学校」の名称が付いていない場合があります。
たとえば、「○○ビジネススクール」や「△△アカデミー」という校名の専門学校が全国には多くあります。
しかし、無認可校であるフリースクールや私塾などにも、これらと似たような名称が付けられていることがあり、注意が必要です。
基本的な見分け方として、学校名に「専門学校」とついている学校はすべて認可校です。
そのほかの専門学校については、受験の際に各校に確認したほうがいいでしょう。また、疑問がある場合には、各都道府県の専門学校の担当部署(詳しくは各都道府県庁の総合窓口でお問い合わせ下さい)に問い合わせれば分かります。

無認可とはいえ……

しかし、すべての無認可校が悪い学校というわけではありません。
無認可校の中にも素晴らしい学校はあるでしょうし、認可校の中にもどうしようもない学校もあるでしょう。
無認可校を卒業した場合、正式な学歴とは認められないと言われますが、履歴書に何を書こうが自由です。
就職に有利だと思えば、好きなように書いても構わないと思います。
ただし、持っていない「専門士」の学位を記入することは学歴詐称になります。
将来の就職に学位が必要ないと判断すれば、レベルの高い無認可校に行くのも一つの手です。
即戦力として生かせる知識と技術さえ身に付ければ、どこででも身は立てられるはずでしょう。
自分の勉強したい分野の学校が認可校にないというのであれば、無認可だろうがどこだろうが構わないと思います。
特に、伝統工芸や芸術などの世界は、理論よりも腕がモノを言います。
学校に通うのではなく、誰かの弟子になり、師匠から技術を「盗む」という道もあっていいと思います。
ただし、散々あおっておいて冷水を浴びせるようですが、無認可校は行政から認可をもらっていない学校であり、正式な専門学校ではありません。
何かあったときに、認可校に通っていた方が、無難であるいうことは確かだと思います。
また、学歴を求める企業が数多くあるということも、あわせて知っておく必要があるでしょう。


情報はどこから手に入れるか?

パンフだけで判断は絶対にダメ!

学校選びの中で、どんなことがあっても絶対にやってはいけないのが、学校が発行するパンフレットだけで判断することです。
最近のパンフレットは、質の良い紙が使われているせいなのか、それともモデルがいいせいか、写真のできがとても良かったりします。
たとえば、新築かと見まがうようなきれいな教室で、これまた「アイドル?」と思ってしまうようなかわいい女の子男の子たちが楽しげに実習している写真を見て、それだけで願書を書いてしまう人がいるとかいないとか……。
そもそも、パンフレットなんていうのは、自分のところで作る広告ですから、悪いことが書いてあるわけがありません。
パンフレットにひかれて入学したものの、実際の様子はまったく違った! なんてことにならないためにも、第三者の意見を聞いたりして、いろいろな情報から学校を選ぶようにしましょう。

総合情報誌を穴が開くまで読む

学校探しで一番役に立つのが、専門学校の総合案内誌でしょう。
高校受験を経験された方ならばなじみが深いのではないでしょうか。
総合案内誌とは、専門学校の場所や連絡先、学科やコース、入学試験の内容、学費、学校の特色などのいろいろな情報を細かく掲載している本のことです。
多くの本には、学科や地域から検索できるように様々な目次がつけられ、自分にあった学校を簡単に探せるように工夫されています。
また、そのほかにも専門学校選びの参考になるような情報やコラムが載っていることもあります。
自分の高校の進路指導室などには少なくとも一冊くらいは置いてあるはずですから、まずはそれを穴が開くまで読んでみましょう。
また、大きな本屋であれば立ち読みも可能でしょうから、店員さんにはたきをかけられない程度にがんばって試してみてください。
ただ、自分の人生を決める学校選びですから、家でじっくり読めるように一冊くらいは買うことをおすすめします。
書店の参考書コーナーなどに行けば、専門学校向けの総合情報誌が何冊かおいてあるでしょうから、いろいろと見比べながら自分に合う物を選ぶといいでしょう。
ここで注意をしたいのが、ひとつの本だけで学校を選ぶのはちょっと危険だということです。
それは、記事を書くのも人間ですから、ひいきの学校は良く書いてしまいがちだからです。
情報の確認も含めて、最低でも二つの本でチェックするようにしましょう。

インターネットで検索。掲示板で聞くのも有効

どこでも手軽に読める総合情報誌ですが、編集から出版までの間に情報が古くなってしまうのが欠点です。
そこで役に立つのが、即時性に優れているインターネットです。
興味を持った専門学校に公式ホームページがあれば、一度は訪れてみましょう。
紙の総合情報誌や学校のパンフレットには書かれていないような、最新のオリエンテーションや体験入学の情報がホームページでは手に入れることができるかもしれません。
それに、ホームページは紙のパンフレットのようにスペースが限られていませんから、より多くの情報に触れることができると思います。
インターネット上には、このサイトのように専門学校の情報をまとめて提供しているサイトがたくさんあります。
そういったサイトでは、総合情報誌のように、地域や学科名などの複数の条件から学校を検索することができます。
中には、学校選びに役に立つようなリンク集やコラムがあるところもあります。
さらに、希望する職業を扱っているホームページなどにある掲示板を訪れて、いろいろな人に質問するというのも一つの手です。
専門知識を持っている人の意見は参考になると思います。
上手くいけば、その学校の持っている機材や設備、講師にについての裏情報が聞けるかもしれません。
ただし、インターネットで調べ物をするときに気をつけなくてはならないのは、その情報が100パーセント信頼できるものではないということです。
顔が見えない人からの情報ですから、それをそのままうのみにしてはいけません。

周りの人の評判は?

自分の学校の、進路指導担当の先生のアドバイスは聞いておいた方がいいでしょう。
もし、あなたがその先生のことを嫌いだったとしても、この時だけは笑顔で相談しましょう(笑) 
彼らは毎年生徒を送り出しているわけですから、どの学校が信頼できるかを知っているはずです。
逆に言えば、先生が「そこはちょっと……」というような学校は少し怪しいかもしれません。
また、その学校に通っている(もしくは、卒業した)先輩から話を聞くことができたらラッキーです。
実際に通った学生から生の情報が手に入るのですから、ぜひ会って話を聞かせてもらいましょう。

企業主催の合同学校説明会も要チェック

年に何回か、広告会社などが主催して、専門学校の入学担当者が一同に集まって、新入生向けに合同の説明会を開くことがあります。
パンフレットやブックレットなども手に入れることができます。
学校のことを直接聞けるだけでなく、その場で学校見学の手続きができることもあります。
こういう説明会の情報は、専門情報誌やインターネットでこまめにチェックして、機会を見逃さないようにしましょう。

体験入学が一番

学校を知るということで、一番てっとり早いのは、やはり体験入学やオリエンテーションに参加して直接学校に行ってみることです。
パンフレットやホームページからは読みとれない、学校の「生の」雰囲気や環境を感じ取ることができるでしょう。
体験入学では実際の授業を体験することができます。
中には最新鋭の機器を使ってCGを制作したりプログラムを書いてみたりと、貴重な経験ができるかもしれません。
そして、その日の終わりにはたいてい、質問タイムがあるはずです。
そのときに、疑問があることや分からないことをどんどん質問して疑問を解決していきましょう。
さらに、その学校が気に入ったら何度も訪問してみるのもいいかもしれません。
顔と名前を覚えられればしめたもの?
入学したら1年以上も毎日通うのですから、パンフレットだけでなく、学校の周りの環境や雰囲気をその目で確かめておくことが学校選びでは大切なのです。


学科名はあてにならない! 〜カリキュラムと資格

職業の数だけ学科もある

世の中にはよく分からないことがたくさんあるけれど、専門学校の学科名ほどよく分からないものはありません。 
なんて言うと誰かに怒られそうなのですが、専門学校の学科名の種類は、大学や短大と比べても本当に多く、ざっと数えても1000科以上もあります。
その上、毎年のように新しい学科ができたり、なくなったり……。
こうやって書いている私にもナニガナンダカワカリマセン。
どうしてこんなにいろいろな学科があるのでしょうか。
その複雑さの理由は、専門学校が「即戦力を育成する学校」というところにあります。
世の中をざっと眺め回してみると、実にたくさんの職業に就いている人がいることに気がつきます。
デザイナー、事務員、自動車整備士、看護師、公務員などなど。
さらに、こういった職業はより専門的なものへと細分化されていきます。
たとえば、デザイナーであれば、建築デザイナーやインテリアデザイナー、服飾デザイナーという具合に分類化され、さらに服飾デザイナーは和服デザイナーや洋服デザイナーへと、洋服デザイナーはカジュアルファッションデザイナーやブライダルファッションデザイナーへと細分化されていきます。
また、消費者のニーズや時代の変化に合わせて、企業は次から次へと新しいビジネスを生み出します。
そして、それに対応するように、専門学校はカリキュラムを変化させていきます。
ですから、職業の数だけ学科があり、その分だけ学科名があるというのも、当然というわけです。

学科名で中身を判断しちゃダメ!

じゃあ、学科名が授業の内容を示しているなら選びやすいや!
と考えるのは間違い。
学科名はただの看板であって、それがカリキュラムの中身を表しているとは言えません。
もちろん、「コンピュータープログラミング科」で調理師免許の勉強はしないでしょうし、看護師の勉強もしないでしょう。
でも、「何の」のためのプログラミングを勉強するかは、この名前からでは分かりません。
一口にコンピュータープログラミングといっても、ワープロや表計算ソフトのようなビジネスアプリケーションかもしれませんし、ウィンドウズのようなOSかもしれません。
もしかしたら、ゲームかもしれません。
それにゲームといっても、2Dタイプのものかもしれないし、ポリゴンを使った3Dのゲームかもしれない……。
プログラミングの言語は分野によって違いますし、手法も違ってきます。
ですから、「コンピュータープログラミング科」という名前から判断できるのは、あくまでも「コンピューターのプログラミングに関することを勉強する学科」ということだけです。
中には名前からは想像がつかない学科名もあります。
たとえば、「クリエイティブビジネス科」なんていうのもありますけれど、何を勉強するか見当がつきますか?
「クリエイティブ」だから「創造」で、「創造ビジネス科?」。
分かることといえば、看護婦とはあんまり関係ないかな? 
ということぐらいです。このほかにも、専門学校にはカタカナの学科名がたくさんあり、混乱の原因になっています。
大切なのは、学科を選ぶということではなく、「その学科で勉強できること」を選ぶことです。
同じ「CG(コンピューターグラフィックス)科」でも、その学校は3Dに強いのか、2Dに強いのか? そこを調べることが大切です。
たとえば、もしあなたがFF(ファイナルファンタジー)のようなゲーム向けのポリゴンばりばりの3DCGについて勉強したいと思ったときに、イラスト向けの2DCGの勉強をしたら遠回りになるかもしれません。
パンフレットなどをよく読み、そこで何を勉強できるのかをしっかりと把握しておきましょう。疑問があれば、学校に直接尋ねましょう。
また、自分が入学するときの学科構成がどうなっているかは入学前にしっかり確かめた方がいいでしょう。
それは、ハイテク系などの分野では、毎年のようにカリキュラムが変わるのが当然だからです。

▼「3DCG科」と「CG科3Dコース」の違いは?

○○科」と「××科○○コース」の違いは、願書を出すときに関係してきます。
出願するときには、自分がどの「○○科」に行きたいのかを明記します。
そして、入学した後に、コースを選択するというのが一般的な形です。
ただし、入学するときにコースを選択することができる学校もあります。
募集するときには単に「○○科」となっていても、入学後に様々なコースやクラスに割り振られるということがありますから、科の中のカリキュラムがどうなっているかを、入学する前に調べておく必要があります。
コース分けテストのようなものの結果、自分の希望しないコースに進むことになってしまったら、悲劇です。
そういうことも考えて学校を選ばなくてはいけません。

▼どんな資格がとれるのか? スケジュールをチェック!

カリキュラムをチェックするときに注意しなくてはならないのは、資格を取るためのカリキュラムがしっかりと組まれているかということです。
いくら、就職面接のときに「私は技術を持っています!」と胸を張ったとしても、証拠がなくては説得力に欠けます。
資格はその人の信用になりますから、なるべくはっきりと役に立つ資格を取れるカリキュラムを組んでいる学校を選ぶようにしましょう。
資格と言ってもいろいろと種類があります。
専門学校で勉強できる資格は次の三つに分けられます。
一つ目は、専門学校を卒業すれば資格がもらえるもの。
二つ目は、専門学校で一定の単位を取得し卒業し、企業などで一定期間の実務経験を積んだ後で取得できるもの。
そして三つ目が、専門学校に行かなくても受験できる資格。
このように、専門学校を卒業しただけでは取得できない資格があります。
たとえば、国家資格の場合は規定の試験に合格しなくてはいけません。
ですから、資格合格のために効率的な勉強ができるようなところに行くようにしましょう。
学生の合格率などは、その学校のカリキュラムの善し悪しを計る参考になるはずです。
パンフレットなどに掲載されているでしょうから、ぜひ参考にしてみて下さい。
もちろん、資格取得は本人の努力によるところが多いのですけれども……。
ついでにいえば、取得する資格は、実際に役に立つ資格を取るようにしてください。
資格や検定の中には、企業でまったく見向きもされないようなものもあります。
事前に、業界におけるその資格の価値などをチェックした方がいいでしょう。
そうでないと、お金も時間ももったいないですからね。
最後にもう一度いいますけれど、学校を選ぶということは、カリキュラムを選ぶということです。
自分がなりたい職業に必要な知識はどれなのか、そのために必要な勉強は何か?ということをまず最初に考えてみましょう。
自分に必要なカリキュラムを選べば、自然と学校も決まってくるはずです。

pickup

ミニチュアシュナウザーをブリーダーから買う

2017/11/30 更新


 
コピーライト